• HOME
  •  >
  •  ホームロイヤー契約

ホームロイヤー契約

ホームロイヤー契約

1 ホームロイヤーとは

ホームロイヤーは、個人の方が、家庭や日常生活等で発生する問題について、いつでも相談できる顧問弁護士です。お医者さんに「かかりつけ医」がいるように、いつでも相談できる身近な「かかりつけ弁護士」、それがホームロイヤーです。
ホームロイヤー契約を結び、いつも同じ弁護士に相談することで、弁護士は、利用者様の日常の状況を把握することができるので、そのトラブルを未然に防いだり、発生してしまったトラブルをよりスムーズに解決することが可能になります。また、利用者様も、予め弁護士の人柄等を知ることができ、安心してご相談をすることができるものと思われます。

 

2 活用例

一般に、個人の方が、法律問題に直面することはそれほど多くないとお考えかもしれませんが、例えば、高齢者の方々には、相続・遺言、任意後見、消費者被害、医療・介護等、様々な局面でホームロイヤーを活用することが考えられます(もちろん、親族間や近隣間において継続的なトラブルがある場合など、ホームロイヤーの活用例は、高齢者の方々に限られるものではありません。)。

 

相続・遺言
「遺言を作成しないと、自らの遺産が誰にどのように相続されるのか」「特定の財産を特定の親族に相続させるにはどうしたらいいのか」「遺留分とは何か」「先祖代々のお墓の承継者をどのように指定したらいいのか」「相続に際して、親族間のトラブルを防ぐためにはどうすればいいのか」など、様々なご相談が想定されます。
また、遺言は、一度作成した後も、何度でも作り直すことができますので、継続的な相談が可能なホームロイヤー契約は有用だと思われます。

 

財産管理(任意後見)
高齢者の方々のなかには、将来、認知症などによって判断能力が衰えることを心配される方もいらっしゃると思います。こうした場合、予め、特定の弁護士と任意後見契約を結ぶことで、実際に判断能力が不十分になったときに、その弁護士に財産管理等を任せることができます。
このような場合、任意後見契約と併せてホームロイヤー契約を結んでおくことで、実際に判断能力が不十分になるまでの間も、利用者様は、自らの財産関係等について、継続的に弁護士と相談をすることができます。その結果、弁護士は、財産関係その他についての利用様の意向を十分に把握することができ、より利用者様のご意向に適うような任意後見(財産管理など)が可能となります。

 

消費者被害
残念なことに、高齢者の方々をターゲットとした消費者被害は、後を絶ちません。いわゆる「オレオレ詐欺」を始めとする「振り込め詐欺」のほか、高額商品の訪問販売や投資に関連した消費者被害など、高齢者が多額の被害を受ける事例が頻発しています。
ホームロイヤーがいれば、利用者様は、少しでも疑問を感じた場合に弁護士に相談して適切なアドバイスを受けることができます。また、弁護士も、継続的な相談を通じて利用者様の異変に気付くこともあり得ますので、高齢者の方々の被害を未然に防ぎ、または、被害を最小限に抑えるためには、ホームロイヤー契約は非常に有効だと考えられます。

 

3 弁護士費用

月額10,800円(定額制)
・相談回数に制限はありませんが、累計の相談時間は、毎月90分程度を上限とさせていただいております。
・相談の方法は、電話、メール、面談をご自由に選べます。
・弁護士からの出張も可能ですが、場所により、別途、交通事等の実費と日当が必要となります。
・相談だけでなく、書面作成、事件処理等をご依頼になる場合は、別途の弁護士費用が必要となります。

 

 

メールでの面談予約

  • お電話での面談予約は03-6658-8640
  • ホームページからの面談予約

企業法務

契約書のチェックをしたい

債権回収をしたい

顧問契約をお考えの方等

法人破産

その他

離婚・男女問題

離婚

  • 有利な条件で離婚したい

外国人配偶者との離婚

  • 国際離婚の際の親権・慰謝料・財産分与

不倫相手への慰謝料請求

  • 夫(妻)の不倫相手に慰謝料を請求したい

中絶費用・慰謝料請求

  •  

養育費

  • 養育費の額の減額、増額、未払い問題

債務整理

債務整理

任意整理

  • 借金を減らして無理なく返済したい

過払い金返還請求

  • 払いすぎた利息を取り返したい

自己破産(個人)

  • 全てを清算して一から出直したい

個人再生

  • 家を守りながら返済したい

相続

遺産分割

  • 相続で親族ともめている

遺留分減殺

  • 遺産を独り占めされた

遺言作成

  • 遺言を残したい

刑事事件・少年事件

手続きの流れ

弁護活動の具体的内容

少年事件

交通事故

交通事故

労働事件

残業代請求

不当解雇

その他

内容証明

賃料請求

弁護士のセカンド・オピニオン

家賃滞納による賃料請求

シニアライフ、
    介護用ベッドの事故

その他

 

弁護士による内容証明

ホームロイヤー契約

弁護士 西岳郎の人柄

コラム

採用情報

東京都、錦糸町、墨田区、江東区、葛飾区、江戸川区、千葉県、船橋、市川

ページのトップへ

 

 

弁護士法人あおぞら法律事務所

弁護士 西 岳郎(東京弁護士会所属)

 

〒130-0012 東京都墨田区太平2-6-6 佐久間ビル1階
TEL:03-6658-8640
FAX:03-6658-8641
E-mail:info@aozora-lawoffice.com

copyright©Aozora Law Office. All rights reserved.

錦糸町(JR・東京メトロ半蔵門線)から徒歩4分 個人から法人までご依頼者目線でお受けする弁護士法人あおぞら法律事務所