刑事事件・少年事件

刑事事件の手続きの流れ(逮捕~第1審判決まで)

 

刑事事件の手続きの流れ(逮捕~第1審判決まで)

 

1. 起訴前段階

刑事事件で逮捕されると、被疑者(犯罪を犯したと疑われている人)は、警察の留置場などで身柄を拘束され、その後、最大で20日間の勾留をされて、捜査の対象となります。警察は、被疑者を取り調べる、証拠を捜すなどの捜査をした上で事件を検察官に送り、検察官も被疑者の取り調べなどの捜査をします。
勾留期間内に、検察官は、捜査の結果を踏まえて、被疑者を裁判所に起訴するか、不起訴とするかを決定します。不起訴になれば、被疑者の身柄は釈放となりますし、軽微な事案では、書面審理で罰金を科す略式命令の請求をされることでも(略式起訴)、釈放となります。

 

2. 起訴後段階

起訴(公判請求)されると、被告人(起訴された後は、被疑者ではなく、被告人と呼ばれます。)は、身柄が拘束されたまま(起訴後勾留)、以後裁判所による審理を受けることになりますが、保釈が認められれば、判決までの間、暫定的に身柄が釈放されます。なお、起訴前には、保釈制度はありません。
裁判所は、起訴された事実について審理を行い、有罪無罪かの判決をします。有罪の場合は懲役、禁錮、罰金などの刑が宣告されますが、その場合でも、被告人に酌むべき事情があって執行猶予が付されれば、釈放となります。

 

メールでの面談予約

  • お電話での面談予約は03-6658-8640
  • ホームページからの面談予約

企業法務

契約書のチェックをしたい

債権回収をしたい

顧問契約をお考えの方等

法人破産

その他

離婚・男女問題

離婚

  • 有利な条件で離婚したい

外国人配偶者との離婚

  • 国際離婚の際の親権・慰謝料・財産分与

不倫相手への慰謝料請求

  • 夫(妻)の不倫相手に慰謝料を請求したい

中絶費用・慰謝料請求

  •  

養育費

  • 養育費の額の減額、増額、未払い問題

債務整理

債務整理

任意整理

  • 借金を減らして無理なく返済したい

過払い金返還請求

  • 払いすぎた利息を取り返したい

自己破産(個人)

  • 全てを清算して一から出直したい

個人再生

  • 家を守りながら返済したい

相続

遺産分割

  • 相続で親族ともめている

遺留分減殺

  • 遺産を独り占めされた

遺言作成

  • 遺言を残したい

刑事事件・少年事件

手続きの流れ

弁護活動の具体的内容

少年事件

交通事故

交通事故

労働事件

残業代請求

不当解雇

その他

内容証明

賃料請求

弁護士のセカンド・オピニオン

家賃滞納による賃料請求

シニアライフ、
    介護用ベッドの事故

その他

 

弁護士による内容証明

ホームロイヤー契約

弁護士 西岳郎の人柄

コラム

採用情報

東京都、錦糸町、墨田区、江東区、葛飾区、江戸川区、千葉県、船橋、市川

ページのトップへ

 

 

弁護士法人あおぞら法律事務所

弁護士 西 岳郎(東京弁護士会所属)

 

〒130-0012 東京都墨田区太平2-6-6 佐久間ビル1階
TEL:03-6658-8640
FAX:03-6658-8641
E-mail:info@aozora-lawoffice.com

copyright©Aozora Law Office. All rights reserved.

錦糸町(JR・東京メトロ半蔵門線)から徒歩4分 個人から法人までご依頼者目線でお受けする弁護士法人あおぞら法律事務所